新潟フラワーハート

新潟産チューリップ・ユリの生産・採れたて産地直送販売-新潟県新潟市

お問い合わせ/TEL.025-362-6710
お支払い・送料・配送・返品・交換について
お問い合わせ
チューリップQ&A
Q1. チューリップは、何品種くらいありますか?
A.
世界で約5,600品種、日本には約2,600品種あるといわれています。毎年新品種が発表されているので、まだまだ増え続けています。
Q2. チューリップは、どうして品種が多いのですか?
A.
16世紀からヨーロッパで盛んに品種改良が行なわれ、改良する性質が多く、時間はかかりますが、比較的容易に品種改良できることがあげられます。しかし、なんといってもチューリップが人気の花で世界的にニーズがあることが品種が多い一番の要因でしょう。
Q3. チューリップの花型は、どんなものがありますか?
A.
早生、中生、晩生そして原種から、来歴、花型、草姿などでさらに分類されています。 花型で代表的なものは、「一重咲き」「八重咲き」「ユリ咲き」「パーロット咲き」「フリンジ咲き」「変わり咲き」の6つです。
「チューリップの品種紹介」で花型別に紹介しています。
Q4. チューリップの花言葉を教えてください。
A.
一般的に「赤=愛の告白」「ピンク=誠実な愛」「黄=正直」「紫=永遠の愛」「白=新しい恋」といわれています。
「チューリップの品種紹介」で色・花言葉別に紹介しています。
Q5. チューリップの名前の由来は何ですか?
A.
チューリップの名前の由来は、トルコ語でターバンを意味する「チュルバン」といわれています。チューリップといえばオランダというイメージですが、実は中近東生まれの花です。
Q6. 日本のチューリップ発祥の地は新潟って、本当ですか?
A.
明治後期に三島、越路町で栽培、新津市小合地区(現在新潟市)で球根栽培が本格的にはじまりました。現在は切り花出荷量が日本一です。
続きは「新潟のチューリップ」をご覧ください。
Q7. チューリップは、いつごろ咲きますか?
A.
一般的にフラワーハートでは11月より出荷を始めます。
詳しくは「チューリップ出荷カレンダー」をご覧ください。
Q8. 香りの良いチューリップはありますか?
A.
「バレリーナ」「モンテカルロ」など、黄色系の品種で多く見受けられます。
Q9. 花びらの変化が楽しめるチューリップを教えてください。
A.
「フォックストロット」は、白から濃いピンクに変わる品種です。
Q10. チューリップを長持ちさせる方法はありますか?
A.
チューリップを長持ちさせるには、温度を保ち、毎日水を取りかえることがポイントです!
詳しくは「花を長持ちさせる方法」をご覧ください。
▲PAGE TOP
新潟フラワーハート
新潟フラワーハート
〒950-1243 新潟県新潟市南区松橋265 TEL:025-362-6710 FAX:025-362-6730
特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーメールでのお問い合わせ
©Niigata Flower Heart All Rights Reserved.